読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく生きてりゃそれでいいんじゃない?

新卒入社から早半年で退職してしまった僕が、クソみたいな社会で生きてくための術をお教えします。

FREEDOM

私は最近、とてもフリーダムに生きている。

 

昨日もそうだった。

 

朝、いや昼と言うべきだろうが、11時30分頃に起き、ダラダラとテレビを見る。

 

12時頃には、朝ご飯で食べるはずだったパンを食べる。

 

16時頃までは、一昨日からはまっているUULAでファーストクラスという恋愛ドラマを見る。

今、恋の病にかかっている私を、このドラマは彼女にプレゼントにリボンをつけるときのように、優しく胸を締め付ける。

まるで本当に私が恋をしているように。

いや、私が恋をしているからこそ、いつにも増して胸が締め付けられるのであろう。

 

17時頃、弟とゲームをする。あのゲームに対する執着心、勝ちたいと思う気持ち、負けた時の悔しさとはなんだろう。とても大きい。

あの感情を言葉で表せるほどいまだ実力はないということだろうか。

 

いつもここら辺で飽きてくる。

次は何書こう。面倒だ。これを書いたらどうなる。引かれるか。

今後のブログに影響してくるか。

 

上記からわかる、私の悪いところは、

「めんどくさがりやなのに、理想を目指す」

ことにある。

理想を目指すには小さいことを多く積み重ねなければいけないと思う。

なのに、小さいことを多くやるのはめんどくさがる。

つまり、理想は目指せないのである。

では、どうするべきなのか。

「行動あるのみ」ではないだろうか。

これは、ありとあらゆる自己啓発系の本に載っている基本でございます。

次に行きましょう。

 

18時頃から、Youtubeで多ジャンルの動画を見る。

この時間、無駄。お弁当についてる漬物ぐらい無駄。

 

ダラダラしすぎて、リラックマみたいになりすぎて、覚えていない。0時まで。

 

夜中に急に腹筋したくなり、100回。

映画「007 スカイフォール」を見ながら、柔軟。

 

さてさて、この生活、本当にフリーダムなのか。

調べてみました。

 

フリーダム (Freedom) とは、英語で「自由」という意味である。周囲から束縛されずに言論、表現、思想などを表明できることや、痛み、苦しみ、差別、飢餓などから解放された状態のことを言う。(wikiより)

 

昨日の私は、痛みや苦しみ、差別、飢餓など一切感じておりませんので、

フリーダムであったと言えるでしょう。